ご飯を選ぶときのポイント④結局何肉が良いの?

 

ドッグフードを選ぶときに

メインのタンパク源が「鶏肉」だから買おう

「ラム」だから買おうという風に選んだりしてますか?

それよりも入手しやすいからという理由で

今のフードを選んでいる方も多いのではないでしょうか?

もちろん、それも一つの選択肢です。

入手しやすいっていうのは

案外重要なポイントでもありますよね☺️

 

今回は「なんとなく今のフードを買っていたけど、

メインのタンパク源によって何か変わるのかな?」と

疑問に思った方向けに

よく見るフードを例にしてご説明していきます☺️

 

馬肉

高タンパク低脂質フードの代表格。

四足歩行の動物では珍しく

血流の流れを良くしてくれるオメガ3が豊富に含まれており、

またビタミンやミネラルが多いのも特徴。

以前の記事でも記述した通り、薬剤などに関して繊細な馬は

ホルモン剤などが使用できないためその肉を食す動物も

アレルギーを引き起こしにくいと言われています。

アレルギー体質・体重が気になるワンちゃん向け

 

鹿肉

こちらも高タンパク低脂質フードの代表格。

体に吸収されやすいヘム鉄が豊富なところや

オメガ6という抗がん作用のある

必須脂肪酸も含まれいるのが特徴!

シニアのワンちゃんや体重が気になるワンちゃん向け

 

チキン

鶏肉は最もバランスのとれたタンパク源と言われています。

鹿や馬の次に低脂質である上、消化吸収もしやすく、

ビタミンAが豊富に含まれていることによって

皮膚の健康も守ってくれます。

お腹の弱い子や、皮膚被毛の状態が気になる子、

消化吸収に負担をかけたくない時の食事としてオススメです。

 

ラム

こちらもカロリーは他より高くなってしまうものの

タンパク源としてのバランスがとても良いお肉。

特徴としては、脂肪の燃焼を促すLカルニチンが含まれていること。

運動をしなければその効果はあまり発揮されませんが、

運動量の多い子に与えるとムキムキで丈夫な体に💪!

また、薬膳の世界では体を温めてくれるお肉

とも言われているので、やせ気味の子だけでなく

シニアちゃんにもオススメです。

 

こうやって見ていくと

それぞれに魅力があるのが分かりますよね😁

 

ついでに

体型の気になる子は馬、鹿、鶏

太らせたい子は鶏、ラム、牛や豚、

もしくはパピー用フードを与えるのもオススメ!

その子のライフステージや体調に合わせて

選んであげてくださいね!